【企業分析】コンデジの需要が急速に落ち込んでいるカメラ業界:Canon(キヤノン)

ジョビンゴ!清水です。

今日は、企業研究としてカメラ業界リーダーのキヤノンを取り上げたいと思います。ちなみに、キャノンの呼びますが、正式にはキヤノンです。

急速に発達し、急速に落ち込んだ「コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

一番に気になるのはカメラ業界の動向。2008年に発売されたiphoneに代表されるスマートフォンの急速な普及により、コンパクトデジタルカメラ市場が食いつぶされていったカメラ業界。その伸びから下落のエレベーターのような市場推移(出荷金額)がこちら。

Camera31

カメラ市場は2000年ごろから急速にデジタル化し、その利便性から市場を大きく拡大しましたが、2008年をピークにデジタルカメラ(コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラ)の市場はエレベーターのように急降下。その主因は、2008年ごろより登場したスマートフォンの存在です。カメラのコアユーザーに支えられ、デジタル一眼レフカメラへの影響は比較的軽微でしたが、特にコンパクトデジタルカメラへの影響が甚大でした。
下記は、デジタルカメラに絞った出荷数量の推移で、黄色の部分が「デジタル一眼レフカメラ」で、折れ線の青い部分が「コンパクトデジタルカメラ」です。そして、参考にiPhoneの出荷台数の推移グラフをイメージを付加したものです。

Design template for print 201608

この10年ちょいの間に、急速に市場を形成しては消えていく「コンパクトデジタルカメラ市場」がよくわかると思います。

Canon(キヤノン)は、このスマートフォンに食われてしまったコンデジ市場の影響はどうなんでしょうか?この市場推移だけ見ていくと、カメラ業界に未来はないと映りますよね。。

意外!売上減少を最小限に抑え、縮小市場でシェアを伸ばすCanon(キヤノン)

本当に目も当てられないぐらいの惨状の「コンパクトデジタルカメラ市場」ですが、意外にもCanon(キヤノン)は、カメラ事業の売上減を最小限に抑え、会社全体では売上ピークの2007年の4兆4800万円から2015年3兆8000万円(-15%)にとどまり、踏ん張っているように見えます。まあ、踏ん張っているという言葉がでるように、伸びている状況ではないので株主からするとあの優良企業が何をやっているのか!とお叱りを受けそうですが、デジタルカメラの惨状を目にするとさすがいい舵取りをしている、と感じてます。

Canon2

注目すべきは、「イメージングシステム(カメラ)事業」の売上推移ですよね。コンデジが急速にしぼんだにもかかわらず、ほぼ横ばいで推移。デジタル一眼レフカメラの購入単価上昇やネットワークカメラに進出するなど、コンデジの減少を埋める新たな戦略を打って出ています。

キヤノンが売上高伸び悩み苦戦 かつての「超優良企業」の現状とは – ライブドアニュース
成長の柱に監視カメラ事業を据える


そして、注目のカメラ市場のシェアです。こちらのサイトでわかりやすくグラフにしてくれてます。Canon(キヤノン)は、2010年度の24.9%
から2015年度には37.1%にシェアを伸ばしています。これは、2教以外(キヤノンとニコン)が事業を縮小するなどの影響で、市場に残存している大手2社のシェアが上がっただけのことです。Canon(キヤノン)とNikon(ニコン)の2強で67.1%を占めてます。。

SONY
出典:デジタルカメラ メーカー別タイプ別 販売シェアの推移【資料】

Canon(キヤノン)の秘密兵器。子会社キヤノントッキの存在

現状のCanon(キヤノン)の売上維持向上に多大に貢献しているのが、「子会社キヤノントッキ」の存在です。

インタビュー:有機EL装置不足解消へ生産倍増、最大限努力=キヤノントッキ会長 | ロイター
日本、韓国、中国や台湾メーカーから注文が集中し、納入まで数年待ちの状況となっている。 …
日本、韓国、中国や台湾メーカーから注文が集中し、納入まで数年待ちの状況となっている。

韓国の液晶大手サムソンなどに、有機ELパネルの製造装置を下ろしている「キヤノントッキ」。iPhoneに採用される可能性がある有力なパーツで、今はフル回転して作っているといいます。この会社がキヤノンの売上全体に貢献しています。

このことは、前述のネットワークカメラの件とともにCanon(キヤノン)の決算発表資料にも言及されています。

Canon10
Canon(キヤノン)2016年第二四半期 発表資料より

結論:スマホの影響を受けたカメラ市場だが、Canon(キヤノン)はその影響をカバーし、関連する新市場を開拓し再浮上を目指している。

と言えます。かつての優良企業は、今でも優良企業です。